Home
オンラインショップ
通販リスト閲覧
通販リストのお申込み
ショップブログ
ご利用ガイド
コンディションについて
アクセス
レコードへのこだわり
取り扱い絵本
リンク集
お問い合わせ

携帯ショップ用QRコード






レコードへのこだわり

仙台レコード・ライブラリー 社長 山田耕一

 身の回りでCD化が進み始めたときからレコードへの親しみが一層増し、思い止まず海外に出掛けて、直接レコードの買い付けを始めてから、早いもので20年を越えました。以下は、数年前に、レコードにこだわる自分の気持ちをまとめたものです。長い文章ですがご興味のある方はどうぞお読み下さい。

 偏執とも思われるレコードに対する姿勢に自問自答することの多いこの頃です。単に愛好する者の心だけでは割り切れず、商売を理由にすれば隠れ蓑のようにも思われます。音楽を聴く媒体として何故レコードにとらわれるのか、この媒体との付き合いを全とうするだけの強い支えをどこに置くのかよく考えてみようと思います。

 島崎藤村は代表作『夜明け前』の中で、1868年当時の欧米外交官たちの日本観として次のように書いています。「日本に高い運命の潜んでいることを言わない欧羅巴人はない。もし彼等日本人にして応用科学の知識に欠くることなく、機械工業に進歩することもあらば、彼らは欧羅巴諸国民と優に競走し得るものである、日本は文学上にも哲学上にも未知の国であるが、ここにある家屋は清潔に、衣服も実用に耐え、武器の精鋭は驚くばかりである、独創の美に富んだ美術工芸の類いに就いては人によって見方も分かれているが、兎にも角にも過ぐる三百年の間、殆ど外国と交通することもなしに、これほど独自の文化を築き上げた民族は他にその比を見ない。」

 文豪の含蓄ある筆致は正に現在の世界における我が国の位置を予見していると驚くばかりです。この歴史小説は徹底した資料の分析による事実に基づいたもので、この引用文も極めて客観性が高いと言えます。我が民族への評価を云々した文章ですが、レコードが音楽文化の一翼を担うものとして話を進めようとするに当たって、レコード文化を享受する私たち日本人の資質を定義して置きたいので大家の文を引用しました。ただし、筋金入りの維新時のそれと今の時代の資質に違いはあると思いますが、内実は変化は小さいとの妥協の下での引用です。





Parse error: syntax error, unexpected $end, expecting ')' in /home/users/0/lolipop.jp-dp33121728/web/main/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 128